えひめ三福相続サポートセンタートップスタッフブログ相続 > 「遺言控除」でトラブル防止

スタッフブログ

「遺言控除」でトラブル防止

2015年07月17日

みなさまこんにちは!

えひめ三福相続サポートセンターの渡部です。

 

先日、相続についてのおもしろいニュースがありましたのでご報告いたします。

 

政府より、遺言に基づいて遺産を相続すれば、残された家族の相続税の負担を減らせる「遺言控除」の新設検討に入ったとありました。

有効な遺言であることを条件に、一定の基礎控除額に上乗せする形で導入し、課税対象となる遺産の額を減らせれるため、税負担を軽くできるようです(基礎控除額は今年1月から「3千万円+法定相続人の数×600万円」)。

遺言による遺産分割を促し、相続をめぐるトラブルを防ぐ狙いで、2018年までの導入をめざしているようです。

日本ではまだまだ財産を残す人が遺言を用意するなど相続対策を十分に取っていないことが多いので、法律でルール化されることによって、取り分をめぐっての遺族の間のもめ事も減っていくと考えられています。

 

今後、遺言について真剣に考える方が増えていくといいですね!

弊社でも遺言サポート等行っておりますので、いつでもお声掛けください!

 

下記の写真は7/14 第三期-③ 財産把握についてのセミナー風景です(^o^)

相続に関するお問い合わせ・ご相談はお気軽に

ご相談・お問い合わせ

メールマガジン

相続用語辞典

相続税簡単シミュレーション

贈与税簡単シミュレーション

全国相続サポートセンター

株式会社三福管理センター

TOP