えひめ三福相続サポートセンタートップ相続レポート > 登記を長期間放置した休眠会社等の職権解散について

相続サポートセンターレポート

登記を長期間放置した休眠会社等の職権解散について

2018年12月01日

 会社法の規定により、株式会社の取締役の任期は原則として2年、最長でも10年とされており、取締役の交代や再選があった場合は、その日から2週間以内に登記を申請する必要があるため、少なくとも10年に一度は、取締役の変更登記をする必要があります。

 一般社団法人および一般財団法人については、理事の任期は2年ですので、同様に少なくとも2年に一度は理事の変更登記がされるはずです。

また、取締役または理事の変更以外の変更(本店や商号の変更)についても、その登記事項に変更があった場合には、その旨の変更登記をすることとされています。

 これらの登記申請を長期間放置している株式会社等は、既に事業を廃止して実態がない可能性が高いことから、このような状態を放置しておくと、登記制度に対する信頼が損なわれるおそれがあるため、12年以上登記がされていない株式会社および5年以上登記がされていない一般社団法人および一般財団法人に対して、平成30年10月11日に法務大臣による公告と管轄法務局からの通知書の発送が行われました。

 対象となる株式会社等は、現在も継続して事業を行っている場合には、平成30年12月11日までに、「まだ事業を廃止していない」旨の届出をするか、遅延していた変更登記を申請する必要があります。

 「まだ事業を廃止していない」旨の届出等がされない場合は、平成30年12月12日をもって解散したものとみなされ、法務局の職権により解散の登記等の整理作業が進んでいくことになります。法務局からの通知書が、あて所不明等の理由によって届かない場合でも、「まだ事業を廃止していない」旨の届出の提出がないと解散の登記が入れられてしまいます。

 もし、登記を長期間放置したままで不安に思われる場合は、早めに登記事項証明書を確認のうえ、お近くの法務局または司法書士にご相談することをお勧め致します。

なお、「まだ事業を廃止していない」旨の届出をした場合や、遅延していた役員変更の登記申請を行った場合であっても、登記手続きを怠っていたことについて、過料(100万円以下)に処せられることがあります。

 

筆者紹介

酒井 謙次
酒井司法書士事務所 所長

経営理念
1.正確な知識を保持し、依頼者に最良のサービスを提供することに努めます。
2.依頼者の権利を保全し、紛争の予防に努めます。
3.社会の変化にすばやく適応し、法律を通じて社会貢献することに努めます。

セールスポイント
 本業である登記手続きについては勿論のこと、関連知識を必要とする場面においても、弁護士、税理士、土地家屋調査士等の専門家と協力し、迅速かつ丁寧・正確をモットーに、安心してお任せいただけるよう心がけ、不動産の登記(売買、相続、担保設定)および会社法人登記を柱として、専門性の高い業務に努めるとともに、 高齢化社会によって今後増加する成年後見、遺言作成等の業務についても幅広く取り組んでいます。

 ご相談の内容は問いません。困ったときはご一報ください。

メールマガジン

相続に関するお問い合わせ・ご相談はお気軽に

相続用語辞典

相続税簡単シミュレーション

贈与税簡単シミュレーション

メールマガジン

全国相続サポートセンター

株式会社三福管理センター

TOP